五島長崎トライアスロン(ラン、そしてゴール編)

b0068891_22135794.jpgバイクを上がって、タイムを見るとスタートから8時間26分。

うぁ!随分かかったなぁ〜。

これは予定外。転倒でどれほどタイムロスしたかは分らないけど、これは遅すぎだろう!
トランジッションは最速で行こう!

急いでシューズに履き替える。ランシューズは勿論、VFFのBIKILA!
僕は20km以上の距離をこれ以外の履物で走った事がないのだ。




隣で着替えていた人は「それで大丈夫ですか?」と言っていたけど「ははははッ!」ってなんかいろいろ説明する時間も勿体なくて、いい加減な対応をしてしまった。ゴメンナサイ!

とにかく、急いでランに出る。

b0068891_22163724.jpg時計のベルトが切れてしまっていたので、手に持って走り出す。
最初の1kmは5'40"のペースで入った。
トライアスロンの第三種目でこのタイムなら良い入りだろう!良し、行くぜぇ!

足を止めずにペースを守ることだけ考えて進む。
1kmごとの表示をひたすら追いかける。

8km地点で友人とすれ違った。
スタート時点から比べると更に差が開いた感じ。
良いペースで走っているのだろう。
これは追いつかないかもしれない。

しかし、今は人のペースは気にならない。
自分の足を前に出すことだけに集中する。

疲れは有るけど気持は折れていない。
とにかく前に進もう!

10kmを超えて、20kmを通過する。
ここまでエイド以外は歩かずに来ている。

沿道の応援に手を振るとバイクの転倒のときに痛めた左手首が痛かった。
どうやらこれは捻挫らしい。

雨は時折、強く降る。
エイドではレースナンバーから名前を調べて個人名で応援してくれていた。

そんな応援が嬉しくて、補給した後のお礼を投げキッスで返した。
皆、小躍りして喜んでくれる。

女性に「キャー!」とか言われながら小躍りされると、男なんて単純なもので、それだけで凄く元気が出る。
自分も単純だなぁと思いながらも、いたる所でそんな事を繰り返す。

30km 通過、かなりペースが落ちている事が分る。残り 10km …。

キツかったけどエイドで元気を貰って、とにかく足を前に出す。
そして40km…。

ここまで、歩かずに来た。
沿道の応援と…自分の足に感謝した。

b0068891_22195188.jpgそしてゴール!

気持は…以外と普通だった。
始めてのロングトライアスロンだったけど、普通にひとつのレースが終わったと思った。

ありがとう!


翌日、正式リザルトを見た。

トータル:12:51:00(125位)
スイム:1:25:15(205位)
バイク:7:08:37(166位)
ラン:4:17:08(83位)
エイジ別で5位だった。

初ロングにしては出来過ぎだったかもしれない。

---

今回のボランティアはのべ4000人以上とのことでした。
選手一人に対して8人のスタッフが就いた計算になります。
一日中降り続く寒い雨の中で選手を支え続けてくれたスタッフの皆様に感謝致します。
スタッフの皆様、ありがとうございました!

そして、twitterとfacebookで応援の言葉をくださった皆様、
皆様の言葉が僕の力になりました。
勇気をくれた素晴らしい一言ひと言に感謝致します。
皆様と知り合えた事無くしてこの完走はありません。
ほんとうにありがとうございました!!
[PR]
by yojige | 2011-06-27 21:15 | Triathlon