2013アイアンマンジャパン北海道

■スイム編
アイアンマンジャパン洞爺湖のスイムはこんなコース。
b0068891_2044678.jpg

スタート前の湖面は穏やかでとても泳ぎ易そうな雰囲気。
b0068891_20441336.jpg

午前6時、最初のウェーブがスタート。M50-54のカテゴリの僕らは6時19分にスタートした。




スタートして直ぐに過呼吸ぎみになり、プチパニック状態になる。前日に試泳したときは雰囲気良かったのに、コースロープも無く、何処を泳いでいるのか分からない状況も精神的に良くなかった。

とにかく気を落ち着かせて、大きく泳ぐことで呼吸を整える。
コースがまったく分からないので、近くの選手を確認しながら付いて行く感じ。
対岸のブイを折り返して1周目を終えた時点で51分。残り2/3周ほどなので、これは1時間25分くらいで上がれるペースかな?

予定通りの展開にかなり気も落ち着いていざ2周目へ。
しかし、2周目はなぜか回りに選手が見当たらず、単独で泳ぐことになってしまった。

ある程度、ヘッドアップしていたのだけど、ふと見ると集団は遥かに右の方を泳いでいた。
これは大きくコースアウトしたと思った。かなり焦った。

とにかくコースアウトしない様に推進力が落ちても確実にヘッドアップして対岸のブイを目指す。
自分としてはやっとの思いでブイを回り、残りの直線を泳ぎ切ってようやくスイムゴール。

時計を見ると1時間38分だった。これは遅い。悪かった昨年の佐渡のスイムよりも更に3分遅い。


■バイク編
バイクのトランジションバックを取に行くと、なんと残っているのは全体の1割くらい。愕然とした。
佐渡の時でも半分くらいはバイクが残っていたと思うけど、アイアンマンのスイムって皆そんなに速いのか?急にやる気が失せた。

スイムがかなり後方だったので、必然的にバイクは前の選手を次から次へと抜いて行く。しかしこれが延々と続いた。

いつもなら暫く走っていると、遠くに見えるバイクになかなか追いつかなくなり、速い連中のところまで追い上げてきたことが実感できるのだけど、全然そういう状態にならない。

b0068891_20442264.jpgもう、抜いても抜いても抜いても抜いても全然前に出てきている感じがしない。
しかも、予報ではランの後半辺りで降り出すと思われた雨が、バイクの前半から降り出して、時には土砂降り状態になった。

クリンチャータイヤにしては高目の9kgf/cm2に設定していて、カーブで少し滑る感じも有って、時速60〜70kmくらいで下るような高速ダウンヒルは恐怖との戦いだった。おまけに風もけっこうな強さでコンディションは最悪。


何人抜いてもあまり変わらない状況と、降りしきる雨にいつもなら集中できるバイクがあまり集中できずにいた。

精神的に我慢の走行を続けてきて、何が切っ掛けになったかまったく分からないのだけど、130kmくらいからようやく集中し始める。
コースの後半に位置していたループ橋を降りて洞爺湖に戻る辺りからえらく集中して、ひとり一人パスして行くことが楽しく感じられた。

結局、バイクは6時間24分で終了。何人抜いたか分からないけど、感覚としては700人くらい抜いてきた感触。逆に抜かれたのは5人くらいだった。


■ラン編
ランスタート時点で8時間22分が経過していたので、目標にしていた12時間切りはちょっと難しい感じ。

b0068891_20442765.jpgしかし、ランに入ると意外にも脚が良く前に出て、キロ5分30秒くらいののペースで進むことができた。

今年の宮古島は30kmまでこのペースで進んで、ハンガーノックでパッタリと進まなくなってしまったので、補給だけ注意した。

ランコースは片道10kmを折り返す2周回の周回コースで、既に1周走ってきているような速いランナーもいるので、抜いて行くランナーも居たけど、あまり抜かれることも無く前を走るランナーをひとり一人パスすることができた。
これまでのロングのトライスロンのランパートでは一番集中できたと思う。


1周目を終え、ハーフを通過した時点で時計を見るとサブ4に間に合うペース。
ここまで来たらランをなんとかサブ4でまとめたいと思い、1km毎に時計とサブ4からのゆとりを計算した。少しペースが落ちた次の1kmはペースを上げてゆとりを取り戻すこともできた。

まわりのランナーは寒いと言った話をしていたけど、僕は心拍が上がっていてむしろ暑いくらいだった。
エイドでは水分確保と補給に注意し、冷たいスポンジの水で体を冷やした。

集中力を切らさずに最後まで走って来て残り1kmで時計を見るとサブ4に1分くらいのゆとり。
ただ、ランの時計をどこでスタートさせたのか覚えていなくて、もしかしてゆとりがないかもしれないと思い、最後にダッシュして数人抜いてゴールに入った。

ゴールして、完走証に書かれた「RUN 3:58:42」を見た時は正直に嬉しかった。

■数字のまとめ
スタート人数:1,378人
完走者   :1,238人
完走率   :89.8%

スイム  :1:38:49 (1259位)
バイク  :6:24:01 (279位)
ラン   :3:58:42 (203位)
T1   :0:12:44
T2   :0:06:57
総合タイム:12:21:13
総合順位 :321位
年代別順位:33位

スイム終わり時点で1259位で最後は321位だからバイクとランで938人抜いてやったぜ!1000人じゃないってところがイマイチだけど…。
[PR]
by yojige | 2013-09-07 21:01 | Triathlon