カテゴリ:Mac( 81 )

諸般の事情で、Excel のブックから他のブックに『値』だけコピーペーストするという作業を大量にしなければならなくなった。

VBA が入っていないので AppleScript でできるのかと試してみたところ、見事にできるのですね。

たいへん助かりました。
[PR]
by yojige | 2008-09-27 23:25 | Mac
b0068891_7425325.jpg

Leopard の辞書ってとっても便利です。

http://www.apple.com/jp/macosx/features/japanese.html

上記を見ると、小学館の『大辞泉』『使い方の分かる類語例解辞典』『プログレッシブ英和中辞典』『プログレッシブ和英中辞典』が使えて、インターネットに接続している場合はWikiPedia も使える。

Cocoaアプリなら調べたい単語を選択して Ctrl + cmd + [D] で辞書に渡せるみたい。
[PR]
by yojige | 2008-09-23 07:47 | Mac
2008年用のカレンダーをAppleのiPhotoプリントサービスを使って作ってみた。

本日、届きました。

値段が少々高めに感じますが、出来上がりのクオリティーと大きさを合わせれば安いかも。
[PR]
by yojige | 2007-12-29 23:23 | Mac
友人に言わせるとX01Tは着信音も今イチだということなので、こちらのサイトを参考にして早速、着信音を作成。
http://www.microsoft.com/japan/windowsmobile/wm6/prodinfo/tips/default.mspx

以前は spwave を使って音声編集していたのだけど、どうも動きが安定しないので、他にそういうものが無いか探してみるとこ audacity なんていうのが有りました。
http://audacity.sourceforge.net/

もの凄く高機能っぽい。
[PR]
by yojige | 2007-12-24 10:46 | Mac
職場の友人に教えていただきました。
http://journal.mycom.co.jp/column/osx/236/index.html

それなりに速くなっているかも。
有名な裏技なのですね。
[PR]
by yojige | 2007-07-30 23:40 | Mac
この情報が正しければ日本のファンにとってはとてもありがたいのですが。。。
http://taisyo.seesaa.net/article/46232679.html
[PR]
by yojige | 2007-07-01 12:00 | Mac
インデックスの作成に12時間くらいかかった。

日本語の検索はうまくいくものとそうでないものとある。
おおかた、その文字をファイル名に含んでいるものは探せてるっぽい。
ファイル内にその文字が含まれているものはうまく探せない場合が多い。

英語ベータ版だからね。

『Quick Search Box』内に複数の日本語を入力する時は変換確定後、『tab』キーでできる。

こんなんで良いのか?

いや、まぁ〜、英語ベータ版だからね。
[PR]
by yojige | 2007-04-07 09:45 | Mac
ちょっと良くわかっていないので、ドキュメントに対するリンクだけなんだけど、WindowsのQuickTimeファイルっていうのはリソースフォークがあるのかな?

http://developer.apple.com/jp/qa/qa2001/qa1132.html
このページを見るとデータフォークとリソースフォークの2つのファイルで表現してる様に見えるのですが…。

特に、

NTFS モード:
  データ: myfile.blah
  リソース: myfile.blah:AFP_Resource(NTFS によるフォークの表記法)

この表現が気になる。
[PR]
by yojige | 2007-02-24 09:40 | Mac
AirMacベースステーションのLANポートが故障した為、この際ということで新しいAirMac ExtremeベースステーションをAppleStoreで購入。

IEEE 802.11bだった以前から比べるとだいぶ速くなった。

LANポートにつないでいたLinuxで公開していたサイトも無事、復帰。
[PR]
by yojige | 2007-02-17 13:40 | Mac
出ましたねぇ〜、iPhoneとAppleTV。
iPhone欲しくてたまりませんの yojige です。

昔、家族全員で出かけてしまったとき、留守の家に奥さんのお母さんが訪ねて来て、携帯に電話がかかって来たことがありました。
結局、僕らは直ぐに帰ることができないところにいたので、お母さんは鍵を開けられずに諦めて帰ってしまいました。

その時に思ったのが、留守している時に家を訪ねて来た訪問者と、遠隔地に居ながらインタフォン越しに話を出来ないかということ。
そして、その人が例えば家族なら、遠隔地から鍵を開けてやれないかということ。
そんなことを携帯電話で、きっと出来るはずということ。

そんな思いは更に膨らみ、例えば買い物中に『今うちの冷蔵庫に何が有ったかな?』って思ったときに携帯電話で確認できたら良いのにとか。

遠隔地に居ながら実は家に居るように振る舞える仕掛けとその為のデバイス。

iPhoneはその時に僕が思ったことを、きっと出来るようになる端末のように思います。

そんなコンセプトはIT家電とか呼ばれていろんなところやってます(ました)ね。

Appleは何を考えているのでしょう。きっといつかは『iCamera』とか『i冷蔵庫』とか『i洗濯機』とか出してくるんじゃないかなぁ〜。勝手な想像だけど。

だから『アップルコンピュータ』の『コンピュータ』を取ってしまったんじゃないかと。

『i冷蔵庫』って良いじゃないですか。『中に何が入っていたっけ?』って思ったら、きっとドアの前面を2本指で広げるように触ると、そこに冷蔵庫の中が映し出されるんですよ。
ドアを開けないから冷気が漏れることも無いし、省エネもバッチリです。
しかも、iPhoneがあればインタネット越しに同じようなインタフェースで同じように確認できる。

そういうことをきっとAppleはやってくるんですよ。
[PR]
by yojige | 2007-01-11 23:31 | Mac