W21Tの動画機能

 前回エントリーに続き、今回はW21Tの動画機能をレビューします。
 素材はiPhotoのスライドショー。これがW21Tでどの程度奇麗に見えるのか。



 さてさて、iPhotoではアルバムを作成し、このアルバムをQuickTimeで書き出せばスライドショームービーが作成できます。(勿論、ここはiMovieなどを使った本格的なムービーでもOKです。)
 こいつをQuickTimeProで読み込んで、今度は書き出しに3GPを選択します。奇麗に見たいのでオプションのデータレートは最高の192キロビット/秒、フレームとキーフレーム単位はそれぞれデフォルトの15フレーム/秒と24フレームに設定しました。
 例によってminiSDカード経由でW21Tへ転送し、動画を確認すると…。おぉ、かなり奇麗に表示できます。ディゾルブのスライド変換にBGMも相まってmini iPhotoと言った感じ。
 流石に画面が小さいのでこいつをテレビに出力できないかと付属のケーブルで試したところ『テレビ出力可能データではありません』とのメッセージが出てダメでした。
 ん〜〜、おしいなぁ〜。携帯の本体で撮影したムービーはテレビに出力できるので書式が違うと言う事か。だとすると.amcファイルならOKなんだけど、これだと画像がかなり汚くなります。
 せっかく奇麗に保存できた動画をテレビに出力したいってニーズは確実にあると思うのですが…。
[PR]
by yojige | 2005-03-07 06:46 | 雑談