RTOとRPO

最近、お仕事でバックアップとサーバ冗長化、データ冗長化を考えてます。
昨日読んだ雑誌にRTOとRPOということが出ていました。
RTOとは
 Recovery Time Objective
 システム復旧までの目標時間
RPOとは
 Recovery Point Objective
 データ保護目標

障害からのデータ復旧、システム復旧、ビジネス復旧を設計する際の要件を定めるものです。





過去のどの時点までの何を持っていればどういった復旧ができて、ダウンタイムはどのくらいになる。
その為にはどういったソリューションが必要になり、その為の費用はどのくらいかかるか。

このあたりのことってユーザーと良く話し合わないと決まりません。
SIの側はユーザーがどの程度までデータ損失を許容できるビジネスなのか分かり得ません。
ユーザーはデータやサーバを保護するソリューションが分からず、それを構築する費用が分かりません。
良いSIerはユーザーが本当にやりたいことを理解し、予算に応じて最適なソリューションを提案します。
[PR]
by yojige | 2005-05-28 15:37 | IT